会社倒産で本性を出す社員たち うわさが飛び交う裏側を語る

会社倒産で本性を出す社員たち うわさが飛び交う裏側を語る

会社が倒産すると、従業員がどう変化するのか。

皆さんは、見たことがありますか?

 

会社が倒産すると、何のしがらみもなくなるため、びっくりするほど人間の本性が表面に出てきます。

会社倒産を体験した筆者が、実際に社員がどんな本性を出したのかをまとめます。

 

関連記事

「会社が倒産してしまった…これからどうしよう」   「会社が業績悪くて破産しそう…もし倒産したらどうなる?」   会社の破産・倒産は他人事ではありません。     […]

会社倒産の実体験 給料や退職金はどうなるのか

 

社内の備品を持ち帰る

会社倒産で本性を出す社員たち 会社の備品を持ち帰る会社が倒産することが決まると、会社に置いていた私物の整理の時間があります。

 

会社の備品は、売却して債務整理に充てるため、持ち帰らないようにと指示があったのですが、従業員側は倒産したら関係ないと、破産管財人(弁護士)がいない隙に、細々とした事務用品やパソコンの周辺機器を持ち帰る人が続出。

果てはコードレス掃除機まで持ち帰ろうとする元部長などもいました…。

 

パソコンは会社でがっつり管理されているので持ち帰った人はいないようですが、USBメモリやハードディスクなどは持ち帰っている人が多かったです。

 

普段、良識があった人までいきなり人が変わった事実に驚愕しました。

例えて言うなら、山賊が細かい金目のものを探している感じです…。

 

倒産当日の様子はこちらの記事に書いています。
会社倒産の実体験 給料や退職金はどうなるのか

会社支給のPCでもめる

会社倒産で本性を出す社員たち 会社支給のパソコン会社支給のパソコンなので、本来は私的なものは入っていないはずです(ここ大事)

もし多少あったとしても、退去までの数時間で整理などは可能です。

 

でも、これに対して吠える男性社員が多かったです。

 

私的なアカウントでパソコンを使用していたり、私的なデータ移行が間に合わないなど、元役員に喰いついていたのが印象的です。

 

…そんなに大切な私的データってなに(笑)

 

会社PCに何を入れていたんでしょうね…

これを読んでいる男性の皆さん…ご注意ください…

倒産の理由について事実無根のうわさが飛び交う

会社倒産で本性を出す社員たち うわさが飛び交う会社が倒産してしばらくたつと、いろんなうわさが飛び交うようになります。

 

大体、社長のお金の流れについて言及している内容なのですが、

  • 倒産前に別会社にお金を流した
  • 社長親族を役員にして高額な役員報酬を払っていた
  • 親しい取引先に高額すぎる報酬を払っていた

このような内容がメインです。

 

会社の破産時には弁護士が破産管財人として破産申請や債務整理を行います。

もちろん会社のこれまでの資金の流れもすべて破産管財人(弁護士)が把握するため、もしこのうわさが本当であれば、社長は背任罪で逮捕される可能性があります。

 

…実際のところ、そうなっていないということは事実とは違うので、どこからこの話が来たのか気になるところです。

 

会社倒産して暇だったのと、ちょっと興味があったので元をたどってみると役員の一人でした(笑)

役員としても自分の責任を追及されたくなかったから、こんなうわさを流したのでしょうか。

 

しかも、そのうわさを更に激しく広めていったのはパワハラで懲戒処分になった元社員…恨みがあったんでしょうね…。

 

ちょっと考えたら「おかしいな」とわかることが、元社員の中で「事実」として飛び交っていることに愕然としました…。

物騒な言葉がやり取りされる

会社倒産で本性を出す社員たち うわさが飛び交う裏側を語る倒産後に事実無根のうわさが飛び交うのは前述したとおりですが、それを信じた一部の元社員が物騒なことを言い始めます。

 

あまりに過激すぎてここに書くのははばかられますが、過激なことを言ったり、LINEで発言したりするのは、

「え!悪ノリでもそんなこと言うような人じゃなかったのに」

という人…。

 

そういう発言はすぐに回ってくるし、LINEだと証拠も残ってしまいます。

 

その後、皆さん無事に生きているので何事もなくて良かったですが、その発言者が今まで猫かぶってたのかと思うと、もはや本性が出すぎていて、人間が怖い…。

会社を訴えるという元社員が出てくる

会社倒産で本性を出す社員たち うわさが飛び交う裏側を語る倒産した会社を訴えることができるのかは謎なのですが、

 

「ローンを組んで高額なホームシアターを買ったばかりだ!倒産したら支払いができない!会社を訴える!」

 

という社員が出てきました。

 

これがまかり通るなら、倒産した会社の元従業員は全て会社を訴えることが可能になってしまいますが…何を訴えるのかは最後までわかりませんでした…(倒産したこと?)。

確かに倒産は会社経営の失敗ですが、その失敗の責任を訴えることはできるのか?

 

その後、何も聞かないので、何もしてない(できなかった?)のだと思いますが、それを聞いた時にいた元社員たちは全員

「売りなよ…」

とつぶやいたのはいい思い出です。

まとめ

会社倒産で本性を出す社員たち うわさが飛び交う裏側を語る まとめ会社が倒産するという非常事態だからこそ、本性が出やすくなるということを身をもって体験しました。

会社には色んな人がいるので、すべての元社員がこの様な本性を出すわけではありません。

 

落ち着いている元社員は、倒産はショックだけど淡々と次の生活に向けてハローワークに行ったり、転職エージェントに登録したり、役所関係の手続きを進めていました。

 

私も比較的落ち着いていられたのは、もしもに備えてしばらく生活できるだけの貯金をしていたのと、「会社がそろそろヤバイ」と思った時点で転職エージェントに登録して、次の職を探していたおかげでもあります。

 

もし会社に不穏な空気を感じたら、その時点から転職市場で自分の価値がどれだけあるのか、求人はどれだけあるのかなど、転職エージェントに相談しておくと、“もしも”に備えられますよ。